ストレスチェックの基本方針について

ストレスチェックの基本方針について、企業では組合などが強い企業などの場合には、特にその会社で働いている社員さんの心、精神衛生状態を守るために、ストレスチェックの制度が強く実施されるように要求されているケースがあります。
このようなストレスチェックなどを行う場合には、例えば、産業医の先生が社員さんがうつ病などのなっていないかなどを、しっかりと面接などを行い、調査を行います。
産業医先生の目から見れば、あまりにもストレスを抱えている人の場合には、目が虚ろになっていることもあり、また同時に不眠症などを抱えており、このように職場の環境が悪い場合に、ストレスなどをためこんでしまっている人の場合、自殺などを考えてしまっている人も少なくありません。
そのため、方針として、人事などと、またそのうつ病になってしまっている社員さんの主治医の先生などと審議を行い、また、職場の環境などの実際の情報を集め、異動などを検討してくれるように、人事などに依頼などや指示を出すこともあります。
あまりにも酷い場合には、もう職場に戻れないほどにいじめなどが酷く、またパワハラなどが横行している職場では、上司が管理能力などやパワハラの自覚などが一切ないため、医師から、厳重に注意が行くケースや人事から改善命令、また同時にその病んでしまった職員さんへの異動などが配慮され、救われるケースもありますが、多くの場合は、退職に追い込まれてしまうこともあります。

Comments are closed.